Broad WiMAXの違約金負担って何?オイシイ話には裏がある?

Broad WiMAXには違約金負担というキャンペーンがあります。

他社からの乗り換え時に発しする解約違約金を負担してくれるとうものです。

「えっ?そんなオイシイ話があるの?」

そうなんです!Broad WiMAXだけが実施しているオイシイ話なんです!

ただ、そんなオイシイ話だからこそ注意したいこともあります。

今回の記事ではBroad WiMAXの違約金負担について詳しく解説していきます。

 

Broad WiMAXの違約金負担キャンペーンって何なの?

Broad WiMAXの違約金負担キャンペーンは、他社からの乗り換え時に発生する解約違約金を最大19000円までBroad WiMAXが負担してくれるオイシイ内容です。

WiMAXを契約している困ることが、契約年数の縛り。

2年や3年の継続が必須になっていて、契約期間が終わる前に解約してしまうと高額な違約金を取られてしまいます。

この契約年数の縛りがあるからなかなか解約ができないんですよね…

で、そんな葛藤をBroad WiMAXの違約金負担キャンペーンが解消してくれるということなんですね!契約終了前に思い切ってBroad WiMAXに乗り換えることができますよ!

 

Broad WiMAXの違約金負担キャンペーンの注意点

オイシイ違約金負担キャンペーンですが、注意点もあるので解説していきますね。

 

注意点①:違約金の負担は19000円まで

最初にも言ったように違約金負担キャンペーンでは19000円まで負担してくれます。ただ、これ以上は負担してくれません。

「でも19000円も負担してくれるなら十分じゃない?」

こう思うかもしれませんが、この19000円以上に違約金が発生するプロバイダーも中にはあるんです。例えばGMOとくとくBB。

GMOとくとくBBでは2年契約のキャッシュバックキャンペーンで申し込んだ場合に、19000円以上の違約金が発生します。2年以内に解約すると24800円の違約金が発生するんですね。

なのでどうBroad WiMAXが頑張って負担しても赤字になってしまうんです…

ただ、そうは言っても大きく違約金が削減できるのはありがたいですよね♪

 

注意点②:Broad WiMAXは3年契約

以前はBroad WiMAXは2年契約もできたんですが、今は残念ながら3年契約のみとなっています。

3年契約にシフトしているプロバイダーは数多くあります。その流れにBroad WiMAXも乗ってしまったということですね。

まだ一部では2年契約ができるプロバイダーもあります。

  • GMOとくとくBB
  • BIGLOBE
  • @nifty

3年契約が嫌なら契約期間が終了してから、これらのプロバイダーに乗り換えた方がいいでしょう。

逆にもし3年契約が受け入れられるなら、違約金負担キャンペーンを利用してBroad WiMAXに乗り換えてもいいでしょう!

 

Broad WiMAXの違約金負担キャンペーンの流れ

違約金負担キャンペーンを使う流れを簡単にまとめておきます。

  1. 現在使っているプロバイダーを解約する
  2. 解約違約金を支払う
  3. Broad WiMAXを契約する
  4. 以前使っていたプロバイダーを解約したことや解約金を支払ったことがわかるメールや書類をBroad WiMAXに提出する
  5. 指定した口座に違約金がキャッシュバックされる

手順通り手続きをすることでスムーズにキャッシュバックがされると思います。

 

Broad WiMAXの違約金負担キャンペーンってどんな人におすすめ?

お得な違約金負担キャンペーンですが、やはりBroad WiMAXは3年契約という部分が引っかかると思います。

「じゃあ結局どんな人におすすめキャンペーンなの?」

と思うかもしれませんので、こちらのような人にだけおすすめします。

  • 契約更新を過ぎてしまった人
  • 契約更新までまだまだ先な人

こういった人で、かつすぐに今使っているプロバイダー解約したい人はBroad WiMAXの違約金負担キャンペーンを利用するといいでしょう。

逆に更新月が違いような人はもう少し待って、更新月で違約金0円で解約した方がいいかもしれませんね。

ということでBroad WiMAXの違約金負担キャンペーンを上手に活用してくださいね!

<関連記事>

 

Broad WiMAXの初期契約解除って何?実はかなりありがたい制度!

Broad WiMAXには初期契約解除制度と呼ばれるキャンセル制度が用意されています。

この制度を利用することで、「使い始めたのに繋がらなかった…」なんて時でも、Broad WiMAXを解約することができます。

では具体的な制度の内容ややり方はどうなっているんでしょうか?

今回はBroad WiMAXの初期契約解除制度について詳しく解説していきます!

 

Broad WiMAXの初期契約解除って何?

Broad WiMAXの初期契約解除は簡単に言うとクーリングオフのような制度です。

実際にWiMAX端末が届いてから8日以内であれば、解約違約金なしでBroad WiMAXを解約できます。

「そんなお得な制度なの?」

と思うかもしれませんが、いくつか注意点もあるので紹介していきますね!

 

Broad WiMAXの初期契約解除の注意点

では初期契約解除の注意点について紹介していきます。

 

注意点①:8日を過ぎると解約できない

最初に8日以内なら解約できると書きましたので、当然ながら8日を過ぎると解約はできなくなります。もし8日以降に解約するなら当然解約違約金が発生します。

ちなみに「8日以内」というのはいつまでなのか?

この8日以内というのは端末が到着してから8日ということです。申込日から8日ではないので、とりあえず良かったですね。

 

注意点②:無料になるのは解約違約金のみ

初期契約解除で無料になるのは解約違約金のみで、以下の費用は支払う必要があります。

  • 事務手数料3000円
  • 手続きの際にかかった通話料
  • 端末返送時の送料

事務手数料はまあ仕方ないとして、通話料や端末の返送料がかかるのは注意しましょう!

 

Broad WiMAXの初期契約解除のやり方

ではBroad WiMAXの初期契約解除のやり方について解説していきます。

 

①まずは初期契約解除の申請

最初に初期契約解除の申請を端末到着から8日以内に行います。何度も言っていますが、8日を過ぎると初期契約解除ができませんので注意しましょう!

解約の申請は電話か書類で行います。電話の方が確実でスムーズかもしれませんね。ただし通話料はかかります。

通話料がかかるのが嫌でしたら、書類をダウンロードして手続きをするといいでしょう!

 

②端末一式を返送

次にWiMAX端末の一式を返送します。SIMカードや保証書などいろんなものが最初に送られてきたと思います。

これらをそっくりそのまま返送しましょう。ちなみに返送時の送料は自己負担となります。

あと、端末が入っていた外箱も返却するものの中に含まれています。この箱を捨ててしまったら無料で解約できないのでご注意を!

 

Broad WiMAXの初期契約解除についてのまとめ

Broad WiMAXの初期契約解除について話してきました。

この初期契約解除は本当にありがたい制度で、もしもの時も違約金なしで解約ができます。

一部の費用については払う必要がありますが、それでも

  • 事務手数料3000円
  • 通話料
  • 返送料

これらの費用だけなので、せいぜい4000円くらいの費用しか発生しません。

他社プロバイダーではキャンセル制度が用意されてなかったりしますからね。

それを考えるとBroad WiMAXはかなりお得なプロバイダーと言ってもいいのではないでしょうか?

ということで安心してBroad WiMAXを始めることができますね♪

<関連記事>

 

Broad WiMAXの初期費用無料はお得そうに見えて実は違う?

Broad WiMAXの公式サイトではデカデカと「初期費用無料キャンペーン」と宣伝されています。

「なになに?そんなお得なキャンペーンなの?」

と思うかもしれませんね。ですが、このキャンペーンお得でもなんでもないんですよ(;^ω^)

今回の記事で詳しく解説していきますね!

 

Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーンって?

Broad WiMAXで実施されている初期費用無料キャンペーンなんですが、これは初期費用で発生する18857円を無料にしてくれるものなんです!

「えっ?そんなに割引になるならお得なんじゃ?」

と思うかもしれませんが、そもそも18857円て何か考えたことありますか?謎の費用だと思いませんか?

実はこの初期費用の18857円ってBroad WiMAXしか設けていないんですよね。

他社プロバイダーの場合、初期費用として事務手数料3000円がかかりますが、かかるとしてもそれくらいですね。

で、Broad WiMAXについても実は事務手数料3000円が別にかかります。その上にさらに18857円の初期費用がかかるということなんです。

本当不思議ですよね…。なんだか二重で料金が取られています…

ただ、この初期費用はちゃんと無料になるのでご安心を。

ですが、無料にするにはいくつもの試練を乗り越えなければなりません。

 

Broad WiMAXの初期費用を無料にするには?

Broad WiMAXの初期費用18857円を無料にするにはいくつか条件があります。

  1. ネットから申し込む
  2. 支払い方法をクレジットカードにする
  3. 有料オプションにの安心サポートプラスとMy Broadサポートに加入する

これら3点ですね。もう少し詳しく解説していきます。

 

条件①:ネットから申し込む

Broad WiMAXは実は電話からでも申し込めますが、電話での申し込みだと初期費用は無料になりません。初期費用を無料にするならネットから申し込みましょう!

 

条件②:支払い方法をクレジットカードにする

Broad WiMAXの支払い方法はクレジットカードと口座振替の2種類があります。

このうち初期費用が無料になるのはクレジットカードのみです。口座振替では初期費用を無料になりません。

ちなみにWiMAXのプロバイダーはたくさんありますが、口座振替ができるプロバイダー限られてきます。

  • Broad WiMAX
  • BIGLOBE
  • UQ WiMAX

このように口座振替ができるプロバイダーは3社しかありません。

そんな貴重なプロバイダーの中にBroad WiMAXが含まれているわけですが…

残念ながら口座振替を選択すると初期費用が無料にならないんですね。

ということで支払い方法はクレジットカードにしましょう!

 

条件③:有料オプションにの安心サポートプラスとMy Broadサポートに加入する

3つ目の条件が有料オプションへの加入です。Broad WiMAXの初期費用を無料にするには、次の2つの有料オプションに加入する必要があります。

  • 安心サポートプラス
  • My Broadサポート

安心サポートプラスはWiMAX端末の保証で、My Broadサポートはパソコンの困ったことをサポートしてくれるサービスです。

これらのオプションが必要なのかと言うと、正直言って不要です。Broad WiMAXを契約したらすぐに解約してしまいましょう!

ただ、問題点もあって安心サポートプラスだけはどうしても初月の料金がかかってしまうんです。(My Broadサポートは2ヶ月無料)

でも初月で解約すればそれ以降は費用は発生しません。すぐに解約してしまいましょう!

 

何としてもBroad WiMAXの初期費用は無料にしよう!

Broad WiMAXの初期費用無料キャンペーンは条件があります。

  • ネット申し込み
  • 支払い方法をクレジットカードにする
  • 有料オプションに加入する

このような条件付きとなりますので、必ず条件を達成してください!

この条件を達成できるかどうかで初期費用が無料になるのか有料になるのかが分かれてきます。

18857円の差は大きいですよ!絶対に無料にしてくださいね!

<関連記事>