Broad WiMAXの違約金負担って何?オイシイ話には裏がある?

Broad WiMAXには違約金負担というキャンペーンがあります。

他社からの乗り換え時に発しする解約違約金を負担してくれるとうものです。

「えっ?そんなオイシイ話があるの?」

そうなんです!Broad WiMAXだけが実施しているオイシイ話なんです!

ただ、そんなオイシイ話だからこそ注意したいこともあります。

今回の記事ではBroad WiMAXの違約金負担について詳しく解説していきます。

 

Broad WiMAXの違約金負担キャンペーンって何なの?

Broad WiMAXの違約金負担キャンペーンは、他社からの乗り換え時に発生する解約違約金を最大19000円までBroad WiMAXが負担してくれるオイシイ内容です。

WiMAXを契約している困ることが、契約年数の縛り。

2年や3年の継続が必須になっていて、契約期間が終わる前に解約してしまうと高額な違約金を取られてしまいます。

この契約年数の縛りがあるからなかなか解約ができないんですよね…

で、そんな葛藤をBroad WiMAXの違約金負担キャンペーンが解消してくれるということなんですね!契約終了前に思い切ってBroad WiMAXに乗り換えることができますよ!

 

Broad WiMAXの違約金負担キャンペーンの注意点

オイシイ違約金負担キャンペーンですが、注意点もあるので解説していきますね。

 

注意点①:違約金の負担は19000円まで

最初にも言ったように違約金負担キャンペーンでは19000円まで負担してくれます。ただ、これ以上は負担してくれません。

「でも19000円も負担してくれるなら十分じゃない?」

こう思うかもしれませんが、この19000円以上に違約金が発生するプロバイダーも中にはあるんです。例えばGMOとくとくBB。

GMOとくとくBBでは2年契約のキャッシュバックキャンペーンで申し込んだ場合に、19000円以上の違約金が発生します。2年以内に解約すると24800円の違約金が発生するんですね。

なのでどうBroad WiMAXが頑張って負担しても赤字になってしまうんです…

ただ、そうは言っても大きく違約金が削減できるのはありがたいですよね♪

 

注意点②:Broad WiMAXは3年契約

以前はBroad WiMAXは2年契約もできたんですが、今は残念ながら3年契約のみとなっています。

3年契約にシフトしているプロバイダーは数多くあります。その流れにBroad WiMAXも乗ってしまったということですね。

まだ一部では2年契約ができるプロバイダーもあります。

  • GMOとくとくBB
  • BIGLOBE
  • @nifty

3年契約が嫌なら契約期間が終了してから、これらのプロバイダーに乗り換えた方がいいでしょう。

逆にもし3年契約が受け入れられるなら、違約金負担キャンペーンを利用してBroad WiMAXに乗り換えてもいいでしょう!

 

Broad WiMAXの違約金負担キャンペーンの流れ

違約金負担キャンペーンを使う流れを簡単にまとめておきます。

  1. 現在使っているプロバイダーを解約する
  2. 解約違約金を支払う
  3. Broad WiMAXを契約する
  4. 以前使っていたプロバイダーを解約したことや解約金を支払ったことがわかるメールや書類をBroad WiMAXに提出する
  5. 指定した口座に違約金がキャッシュバックされる

手順通り手続きをすることでスムーズにキャッシュバックがされると思います。

 

Broad WiMAXの違約金負担キャンペーンってどんな人におすすめ?

お得な違約金負担キャンペーンですが、やはりBroad WiMAXは3年契約という部分が引っかかると思います。

「じゃあ結局どんな人におすすめキャンペーンなの?」

と思うかもしれませんので、こちらのような人にだけおすすめします。

  • 契約更新を過ぎてしまった人
  • 契約更新までまだまだ先な人

こういった人で、かつすぐに今使っているプロバイダー解約したい人はBroad WiMAXの違約金負担キャンペーンを利用するといいでしょう。

逆に更新月が違いような人はもう少し待って、更新月で違約金0円で解約した方がいいかもしれませんね。

ということでBroad WiMAXの違約金負担キャンペーンを上手に活用してくださいね!

<関連記事>